歯の溝のむし歯予防|たか歯科クリニック|明石市大久保の歯科・歯医者

〒674-0067兵庫県明石市大久保町大久保町592-4 みなとテラス大久保2階3号室
078-964-5459
WEB予約(初診のみ)
ヘッダー画像

ブログ

歯の溝のむし歯予防|たか歯科クリニック|明石市大久保の歯科・歯医者

歯の溝のむし歯予防

こんにちは、明石市大久保町のたか歯科クリニック院長の山下貴之です。

今回はシーラントについてお話したいと思います。

”シーラント”という言葉を聞いたことがありますか?

シーラントの前にむし歯の出来やすい場所に関してお話させていただきたいと思います。

むし歯のできやすい場所は3箇所だけで

・咬合面(咬む面の溝)

・隣接面(歯と歯の間)

・歯頚部(歯と歯茎の境目あたり)

この3箇所に虫歯ができやすいと言われています。

その中で咬合面の溝の部分にアプローチするのがシーラントです。

咬合面というのは溝があり食べたものがそこに残りやすくなっています。そこに汚れが残り続けることで虫歯ができてしまいます。虫歯を作らないためにそこに汚れをためないように歯ブラシをしっかりするというのも大切ですが、もう一つその汚れがたまりやすい溝を浅くするということで虫歯を予防します。

それがシーラントです。

つまりシーラントというのは、歯の溝をフッ素の入った樹脂で浅くして汚れをたまりにくくし虫歯を予防するというものです。

虫歯予防のために行うシーラントも樹脂を詰めているので詰めてから時間が経つとシーラントの部分が欠けたり取れたりすることがあります。

取れた部分に関してはまたつけなおすことができますので、検診ごとに確認しておく必要があります。

シーラントは虫歯予防に非常に有効な方法ではありますが、取れたりすることもあるので、必ず歯医者さんで検診ごとに確認してもらうようにしましょう!!

当院ではお子さんの虫歯予防に力を入れており、シーラントの処置も行なっております。

もしご希望の方がおられましたら、ぜひご来院ください!!

 

たか歯科クリニック 院長 山下貴之